再び本能寺へ




昨年の十月より取り組んでいる京都・本能寺 塔頭 「龍雲院」でのふすま絵制作のため先日より再び京都へ。全32面に及ぶふすま絵の制作を行っており、現在までに雲龍図16面、川蝉図8面。若干の仕上げ加筆を残しつつ、余白8面も描いての完成となります。いよいよ佳境となる今回は約二週間ほどの制作期間ですが、描き切れないものがあれば引き続き今後も挑戦していきます。





独学で絵を志して約十五年。

こうした仕事に携われたのは
まったく接点のないような様々な
出会いがあったからこそと感謝しつつ。