個展「循環」END




椿山荘での四年目となる個展「循環-The Cycle」も無事に終了致しました。今回は記録的大雪にも見舞われたため若干の影響もありましたがおかげさまで無事に終わることが出来ました。通常の告知でお越しいただいた皆さまのほかにラジオ番組をきっかけに来て下さった方々も多く、様々な意見や感想も伺えとても充実した期間となりました。ホテル 椿山荘 東京 アートギャラリー、スタッフの皆さん、関係各位、そしてお越しいただいた全ての方に。本当に感謝です!!





越冬する鳥たちがその蜜で命をつなぎ、花もまた鳥によって受粉する。鳥媒花「椿」。鳥の目線にはどう映っていたのだろうか。今回の個展終了後、しばらくは新しい何かに挑戦し描いて行こうと思います。









<嬉しい感想をいただいたので少しだけご紹介>


宝石が散りばめられたような夜の木々から囁きが聴こえる。誰かの愛や優しさや孤独を感じる森羅万象。彼独自の技法で表現された美しく儚い世界。研ぎ澄まされた心で描かれた一つひとつがあまりにも神々しくて、見る側も凛々しい心になって、ひとつ残らず受け止めては宇宙に返していくような時間。短い滞在時間だったけど、柏原氏の変容と進化をいっぱい感じました。なんだか清々しい気分。Miho Ogura(ダンサー)


墨をベースに、アクリルなどの絵の具も使い表現されるその世界は非常に独自で凛とした美しさに溢れている。墨で描かれた絵柄が立体映像のように感じられるくらい、奥行が有りエッジが立ちまくっている。凄い。この人、相当切れますよ。勝井祐二(ヴァイオリニスト)