辞退と前進

 

 

東日本大震災直後、まだ余震の残る2011年4月から昨年までの毎年五年間、Hotel 椿山荘 Tokyo アートギャラリーにて開催していたレギュラー個展を今年は辞退することとなった。

 

毎年、2月〜3月という期間の開催とあって僕の中ではこれまでの五年間―――制作期間から展示中まで本当に多くの経験と記憶、数々の想いを宿すことの出来た個展だった。お越しいただいた皆様、関係各位に感謝が尽きません。

 

 

 

 

今回、辞退することに強いて特別な理由があるわけではない。レギュラーとして個展を開催出来ていただけではなく、当時の担当者 E.Y氏をはじめとした椿山荘の方々のご好意で、チャリティイベントの開催や大船渡市への作品寄贈をセッティングしていただいたこともあったし、言葉やカタチではなく、独学で突き進むこの若き画家を心から応援してくれていたという忘れ得ぬ良きご恩もある。

 

椿山荘で椿を描く―――。

 

また今後、そのような機会に恵まれることを願いつつ、

ここからの前進として、次の活動に想いを馳せようと考えています。

 

五年間、本当にありがとうございました!

 

 

柏原晋平