サイトリニューアルのお知らせ

 

 

KASHIHARA SHINPEI OFFICIAL WEBSITEをリニューアルしました。

※ブラウザの更新をしてご覧いただけたら幸いです。

 

KASHIHARA SHINPEI OFFICIAL WEBSITE

http://www.kashiharashinpei.com

 

 

・NEWS&TOPICコンテンツの追加

・PHOTOGRAPH×ARTコンテンツの追加

・STOREコンテンツの追加

・スマートフォン、モバイル向けのレイアウトを強化

・各画像のリサイズと最適化

 

 

今後とも何卒よろしくお願い致します!

 


dedegumo KYOTO

 

 

千年の都・京都の職人が誇る品質の高さと、遊び心あふれ、雲のごとく自由で斬新なデザインに挑戦し続ける手作り時計とアクセサリーブランド「dedegumo KYOTO / デデグモ 京都」とのコラボレーションウォッチが発売されました。

竹で腕時計を作るという逸脱した技巧のバンブーウォッチシリーズへのデザイン提供とひとつひとつ手描きの一点物コラボレートウォッチ、ふたつのラインナップとなります。実店舗およびON LINE SHOPでご購入いただけますのでぜひ!

dedegumo KYOTO / デデグモ 京都
http://dedegumo.jp

 

dedegumo KYOTO / デデグモ 京都 ON LINE SHOP

https://dedegumo.shop-pro.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Skull and Flower

近況 2017年もあっという間に下半期突入―――超歌舞伎「花街詞合鏡」の後、しばらくこちらは更新出来ておりませんでしたが、 リリース前のオフレコ仕事をいくつか制作中です。近況はInstagramFacebookにちょくちょくアップしておりますでそちらもぜひ。

 

 

 

 

花と髑髏 - Skull and Flower

 

KASHIHARA SHINPEI "MINI" EXHIBITION

2017.07/12 - 07/31 at CANDLE CAFE △鵺

 

CANDLE CAFE △鵺

https://candlecafe12.tumblr.com/

 

 

行きつけのBAR下北沢△鵺にて、本日12日より7月31日まで期間限定でミニ展示します。プラスアルファで期間中に展示作品増やしたりしつつ、まだお会いしたこと無い皆さまもゆるくご一緒に飲みたいものですね。何より料理も酒も美味しく、とても良い空間ですのでお気軽にぜひ!

 

 

 

 

いよいよ今年も暑い夏がやってきましたが、毎年恒例となる手描き扇子を数量限定で浅草橋の老舗・松根屋と六本木 H&Rにて販売中です。お近くへお越しの際はぜひ。

 

扇子専門店・松根屋

http://matsuneya.jp/

 

HOTEL & RESIDENCE 六本木

http://hr-roppongi.jp/

 

 

 

 

 

少し前、久しぶりにお会いした早乙女太一君と「飲みながら絵を描く」という新たな試みを二回ほどやってみました。技法や手法、上手い下手云々では無く、鋭い感と高い集中力の彼には脱帽です。見習わなくては。またオフが合い、ご一緒叶えば嬉しいものです。何より楽しかった!!

 

 

 

 

そうした縁もあって、月刊 EXILE 7月号(5/27発売)早乙女太一 特集 撮り下ろし+インタビュー 6Pにて、フォト×アートセッションの制作も。快く許諾下さった月刊EXILE編集部、Photographer・樽木優美子氏にも感謝!

 

 

 

 

これも以前ですが、チームTokyoDex・Daniel Harris Rosen氏ディレクションのもと、インターネット広告代理店Insightのオフィス壁画を制作。アーティスト・METEOR GRAPHICS氏との共同制作でしたが、Danielサン率いるTokyoDexの皆さまに助けられ、良き集中力で臨む事が出来ました。METEOR GRAPHICS氏の美しくエッジの効いた筆のストロークはとにかく勉強になりますね。

 

 

 

 

さらに東京ビッグサイト「3D&バーチャルリアリティ展」プロジェクターの製造・販売を手掛けるクリスティ・デジタル・システムズのブースにて、自分の描いた作画を車に4k投影!楽曲はAimi Uchidaさん。ブースも大盛況で最後はリアルタイムに描けて楽しかったです◎

 

 

 

 

そして吉祥寺・井の頭公園100周年イベントにて、前進座の方々とコラボライブペイントを。いつにないステージ構成だったのでいろいろと大変でしたが、多くのご来場もあり無事に演目も終了。良き経験となりました。

 

 

 

 

 

2017年上半期ラストはアーティスト・高山夏希氏と絵描き飲み。独りで描くアトリエとは違い、こうした共同制作は自身に無い手法、考え方、感覚を学び貴重な時間になりました。

 

他にも北大路翼君の俳句集「時の瘡蓋」へ表紙制作や、そういえばラジオ対談以来、数年越しに岡田准一君と飲めたり、あっという間の上半期でした。なかなか濃い日々。下半期も日々、描きながら様々な制作に駆け抜けて参ります◎ 2017.07/12 KASHIHARA SHINPEI

 

 


超歌舞伎2017

 


超歌舞伎 Supported by NTT
花街詞合鏡 (くるわことばあわせかがみ)

 

2016年04月29日(土)一部 13:00〜/二部 16:00〜
2016年04月30日(日)一部 13:00〜/二部 16:00〜(二日間・全4公演)

 

場所:幕張メッセ 超会議2017会場内 イベントホール
無料(ニコニコ超会議の入場料のみ)

 

廓<くるわ>の街でこの世の菩薩にたとえられる花魁道中<おいらんどうちゅう>を見た町娘の未来(初音ミク)は、その艶やかな姿を見て花魁になることに憧れる。そして時は流れて、未来は初音太夫<はつねだゆう>の名で、最高位の花魁となる。そんな初音太夫の前に現れたのは、いま評判の男伊達<おとこだて>八重垣紋三<やえがきもんざ>(中村獅童)。廓で生きるうちに、街の色に染まってしまった初音太夫であったが、紋三が現れたことにより、忘れていた感情を取り戻していく。

 

やがて相思相愛となった紋三と初音太夫であったが、初音太夫に思いをよせていた蔭山新右衛門<かげやましんえもん>(澤村國矢)がふたりの前に立ちはだかり……。さらに紋三の所持する刀の力によって判明する、紋三と新右衛門の意外な関係性。華やかな廓を舞台にしてくり広げられる、超歌舞伎のための作品にどうぞご期待下さい。

 

 

超歌舞伎公式サイト
http://chokabuki.jp

 

ニコニコ超会議 2017公式サイト

http://www.chokaigi.jp

 

 

昨年の超歌舞伎同様に、舞台と映像が連鎖しながら物語が展開していきますが、ふたつの花魁道中が最初の見どころです。八重垣紋三と初音太夫の見そめ、紋三と蔭山新右衛門が一触即発となるふたりの出会い、加えて紋三と新右衛門の喧嘩をある人物が仲裁する場面も眼目となっています。さらに紋三と初音太夫の連れ舞や、歌舞伎ならではの立廻りといった大きな見せ場も。歌舞伎のアナログ的な演出と、最新鋭のデジタル技術による演出が融合した、超歌舞伎ならではの演出もお楽しみ下さい。


【配役】
八重垣紋三…中村獅童
未来のちに初音太夫…初音ミク
蔭山新右衛門…澤村國矢
葛城太夫…中村蝶紫
仲居重音…重音テト

 

 

 

 

今昔饗宴千本桜 DVD&Blu-rayの発売情報!

 

あの感動を再び!前作の「今昔饗宴千本桜」DVD、Blu-rayの発売決定!

 

【販売日】6/28(4/17より予約開始)

 

【販売場所】

全国CDショップ、ネットショップ


【価格】

DVD 4,500円(税別)
Blu-ray 5,500円(税別)


【特典】

1. 扇子付き(超会議予約限定)
2. メイキング映像付き
3. コメント付き放送画(Blu-rayのみ)

 

 

---------------

 

 

昨年に引き続き、中村獅童×初音ミクの共演で話題となった超歌舞伎の新作舞台「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」に作画提供しました。前回からさらにパワーアップしたCG映像美と大立ち回りする歌舞伎の融合は必見です。ぜひご期待ください!そして前回の「今昔饗宴千本桜」がDVDになって発売されるそうですよ。合わせてぜひ!

 

 


etc arts

 

 

A LUCKY CAT ART EXHIBITION
〜Japanese Traditional Crafts + ART〜

 

伝統工芸・地域資源の再生、復興に着目した企画展「A LUCKY CAT ART EXHIBITION」を開催します。日本には1,000種類を超える伝統工芸があり、又、 日本の伝統文化やものづくりは、世界に誇れるものが沢山あります。日本のものづくりが見直されている今、私たちはそのものづくりの背景をしっかりと伝え、未来へとつなげていき、プラスARTというテーマでより多くの人たちに触れて見て頂きたいと考えています。 

 

開運招福・千客万来・商売繁盛をもたらす縁起のいい置物として、江戸時代から親しまれている招き猫。 日本の伝統工芸である高崎張り子といえば達磨ですが、今回は招き猫を使用し50名を超えるのペインター、イラストレーター、デザイナーや現代アーティストが今回のために描き下ろした約100体の招き猫の展示販売を渋谷GALLERY X BY PARCOにて開催いたします。斬新な視点が取り入れられたARTと日本伝統工芸が融合した本展覧会では、開催期間中オリジナルの招き猫が作れるWORK SHOPやトークショー、ライブペイントや似顔絵などイベントも盛りだくさんでお待ちしております。

 

 

 

 

4月14日〜4月24日より渋谷「GALLERY X BY PARCO」にて開催される「A LUCKYCAT ART EXHIBITION」に「瀧金図 - 招き猫 Rougon-zu Manekineko」を出品してます。様々なペインター、イラストレーター、デザイナーや現代アーティストが今回のために描き下ろした約100体の招き猫の展示は圧巻。ぜひお気軽にお越し下さい!

 

GALLEY X BY PARCO

http://www.parco-art.com/

 

期間:2017/04/14 (金) −2017/04/24 (月) 
11:00-20:00 最終日は18:00閉場
入場料:無料
主催:パルコ
企画制作:TOKYO URBAN ART
お問い合わせ:03-6712-7505 (GALLERY X BY PARCO)

 

 

 

 

 

 

TAKASHIMAYA SHINJUKU ART WALK

美術画廊10周年記念 新宿・高島屋 アートウォーク

 

http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/

 

〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号
TEL(03) 5361-1111


営業時間
平日・日曜日:午前10時〜午後8時
金・土曜日:午前10時〜午後8時30分
(※連日休まず営業いたします。)

 

 

 

 

 

スケートボードに龍を描いた「九頭龍図 滑走板 / Kuzuryu-zu skateboard」を新宿・高島屋の10Fにて、4月12日(水)〜4月24日(月)まで販売しております。ひとつでも絵として成立するよう描いてますが、全部でも高額ではないのでぜひ!

 

 


inaction and gravity 後記

 

 

これまで様々な色やカタチに想いを託し、何かを描いてきた。時に言い知れぬ"ソレ"は満開の椿、牡丹のように芳しく、雲間に蠢く荒々しい龍、静かなる月の情景としてその姿を写し出す。「何かを描く」というシンプルな情熱だけがアトリエの時を刻み、ただ、そこに在り続けていた。

 

歳月を重ねて得た経験や知識は、自らを信じる糧となる。しかし、同時に自らを縛る牢獄にも成りうる。多くの言葉や意味に足掻きながら、未だ観ぬ先へ。暗闇を突き進む。一滴の構想がやがて雨となり、降り注ぐその時まで。

 

 

 

 

そして、無心に描く塊と成れ。 「何かを描く」という意識から抜け出し、無為の事象としてのアウトプットを探る―――。氾濫した「意味」や「形」、「言葉」は濁流に消え、ただそこに存在する時と重力を写し出す。

 

個展「無為と重力 - inaction and gravity」に寄せて

 

 

 

 

2017年03月15日(水) - 04月03日(月)まで開催していた池ノ上・QUIET NOISE arts and breakでの個展「無為と重力 - inaction and gravity」、おかげさまで多くの方々にご来場いただきました。本当にありがとうございます!

 

 

 

 

先日、搬出も無事に終了しましたが、こうして個展が終わり、何もない壁を前にするといつも感慨深くなります。この場所が在ったからこそ、これまでの作品とは相容れない新たな表現に臨むことが出来たのかもしれません。静かなる一礼と深く感謝を込めて。

 

 

※展示の様子

 

※お花も嬉しく頂戴しました

 

※レセプションの様子

 

※作品名「無為と重力 - inaction and gravity」

 

※作品名「無為と重力 - inaction and gravity」

 

※作品名「無為と重力 - inaction and gravity」

 

※作品名「無為と重力 - inaction and gravity」

 

※展示の様子

 

※作品名「焔 - flame」

 

※在廊しながら作画制作も。トータル120枚!やりきりました…

 

※アシスタントは久しぶりの小池サン

 

※作品名「無為と重力 - inaction and gravity」

 

※作品名「焔 - flame」

 

※展示の様子

 

※個展最終日。久しぶりに早乙女太一君とあれこれ談笑

 

※また共演したいですな

 

 

 

そして同期間、サテライト展示をしていた下北沢・CANDLE CAFE △llのサイレントオークションも合わせて一昨日に無事、落札いただき終了しました。想うこと、この作品の後に髑髏はまだひとつも描けていません。

 

一年前、前回の個展「DREAM OF ASH」から再び、QUIET NOISE arts and break と CANDLE CAFE △ll 二週間と少しながら本当にお世話になりました。白壁と暗闇の、始まりと終わりの対比。惜しむ別れと共に、万物に生かされていると知る。そんな不思議な期間でもありました。貴重な時間ですね。

 

 

 

 

感謝を込めて

 

 

 


inaction and gravity

 

 

KASHIHARA SHINPEI EXHIBITION “inaction and gravity”
柏原 晋平 個展「 無為と重力 - inaction and gravity 」

 

 
期間 : 2017年03月15日(水) - 04月03日(月) ※火曜定休
開廊 : 11:00 - 20:00 入場 : 無料


レセプション : 2017年3月18日(土) 18:00 - 20:00

 

 

QUIET NOISE arts and break
東京都世田谷区代沢 2-45-2-1F (池ノ上駅北口より徒歩1 分/火曜定休)
Tel : 03-5738-8440 URL : http://quietnoise.jp
 
池ノ上駅至近の線路沿いに位置する、様々なアート・文化を発信するギャラリー。アートをより身近なものとして捉えていただこうと、コーヒースタンドも併設。スペシャルティコーヒーを飲みながら、気軽にアートに触れる時間と空間を提供いたします。
 

 

CANDLE CAFE △ll サテライト展示
期間 : 2017年03月15日 (水) - 04月03日 (月) 営業時間 : 20:00 - Midnight
店舗住所 : 東京都世田谷区北沢 2-37-3-2A (下北沢駅北口、西口より徒歩5分)

URL : http://candlecafe12.tumblr.com

 

 

 

「何かを描く」という意識から抜け出し、
無為の事象としてのアウトプットを探る―――。
 
氾濫した「意味」や「形」、「言葉」は濁流に消え、
ただそこに存在する時と重力を写し出す。

 

 

 

柏原 晋平 / KASHIHARA Shinpei  画家・アーティスト

 

1978年12月9日〜東京生/高校卒業後、舞台美術やデザイン会社など、様々な仕事に従事しながら絵画、水墨画を独学で習得する。2002年頃より本格的に作家活動を開始し、画壇や派閥に属さず画家・デザイナーとして数々の仕事を手掛ける。水墨画を軸にアクリルガッシュ、ペンキ等を使った絵画作品の制作からミュージシャンとのライブパフォーマンス、テキスタイル図案、ロゴデザイン、アートディレクションに至るまでその表現媒体は多岐にわたる。西洋と東洋の画材や技法、感覚を混在させた独創的なタッチで異彩を放つその作品は各方面で高い評価を受けている。京都・本能寺 塔頭 龍雲院への襖絵奉納をはじめ、中村獅童×初音ミクの共演でも話題となった超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」、早乙女太一「影絵」、GACKT 主演舞台など、様々な著名人への作画提供や企業とのコラボレーションなど制作している実力派アーティスト。

http://www.kashiharashinpei.com/

 

 

---

 

 

前回の個展「DREAM OF ASH」から一年、来る3月15日(水)〜4月3日まで池ノ上にあるギャラリー・QUIET NOISE arts and break(クワイエットノイズ アーツ アンド ブレイク)にて、個展「 無為と重力 - inaction and gravity 」を開催致します。今回はこれまで描いてきた作品やテーマとは一線を画し、新たな表現に挑戦した至極のラインナップとなっております。3月18日(土) 18:00 - 20:00 にはどなたでも参加出来るレセプションも開催致しますのでぜひお気軽にお越し下さい!

 

 


辞退と前進

 

 

東日本大震災直後、まだ余震の残る2011年4月から昨年までの毎年五年間、Hotel 椿山荘 Tokyo アートギャラリーにて開催していたレギュラー個展を今年は辞退することとなった。

 

毎年、2月〜3月という期間の開催とあって僕の中ではこれまでの五年間―――制作期間から展示中まで本当に多くの経験と記憶、数々の想いを宿すことの出来た個展だった。お越しいただいた皆様、関係各位に感謝が尽きません。

 

 

 

 

今回、辞退することに強いて特別な理由があるわけではない。レギュラーとして個展を開催出来ていただけではなく、当時の担当者 E.Y氏をはじめとした椿山荘の方々のご好意で、チャリティイベントの開催や大船渡市への作品寄贈をセッティングしていただいたこともあったし、言葉やカタチではなく、独学で突き進むこの若き画家を心から応援してくれていたという忘れ得ぬ良きご恩もある。

 

椿山荘で椿を描く―――。

 

また今後、そのような機会に恵まれることを願いつつ、

ここからの前進として、次の活動に想いを馳せようと考えています。

 

五年間、本当にありがとうございました!

 

 

柏原晋平

 

 


New year 2017

 

 

おかげさまで昨年は年明け早々に明治座での舞台「FUJIYAMA」劇中作画から始まり、6回目となったHotel 椿山荘 Tokyo アートギャラリーでの個展、池ノ上に新規オープンしたギャラリー・QUIET NOISE arts and breakこけら落とし個展、HOTEL & RESIDENCE ROPPONGI、SORA ZENON等各所での作品展、

 

中村獅童さん×初音ミクさんの超歌舞伎舞台「今昔饗宴千本桜」ビジュアルデザイン、醗酵居酒屋 5 内装画、KENTA HAYASHIさん、類家心平さん、内藤哲郎さん×KOTOさん、JAPAN 西島数博さん率いるDANCE INNOVATION OFFICIAL SITEとのライブペイント共演、

 

地方CMから個人依頼等、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の記者発表会-襖絵まで、ここでは記載できないものも含めて幾つもの貴重な経験、様々な制作に関わることが出来ました。

 

関係各位、制作チーム、アシスタント、お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。本年も次なる表現、構想に想いを巡らせながら、画業に励んで参りますので何卒よろしくお願い致します!

 

2017年1月吉日 柏原晋平

 

 


ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー/襖絵制作

 

© Disney TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reservedより転用

 

 

“ローグ・ワン”メンバー最後のミッションを日本で達成!超豪華キャスト&監督が“アジア最速”記者会見!監督からの撮影秘話も!

 

 

 

 

今月16日に全世界同時公開される映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の記者発表会へ出演して参りました。今回はオフィシャルプロモーションアートとして心に宿る光、「希望」をテーマに襖絵を制作。登壇の際にはフェリシティ氏、ディエゴ氏、ギャレス氏にもそれぞれ仕上げの一筆を頂戴し、無事に完成させることが出来ました。終始、和やかな雰囲気の記者会見で楽しかったです。なにより皆、本当に達筆で驚きました。感謝!


 

 

 

 

11月後半からホテル&レジデンス六本木の一室をアトリエとしてご提供いただき、約二週間の滞在を経て、今回のローグ・ワン襖絵を制作していました。想えば、37歳最後の仕事となったこの襖絵。昨年の今日からは想像もしていなかった今に感慨深く。

 

 

 

 

 

約二週間、昼夜を問わぬ襖絵制作は時に過酷でもある。そんな中、わずかな説明だけで様々な技法も難なく表現し、黙々と制作助手を引き受けてくれているアーティスト・腹黒ピカソさん。最近、いくつかの仕事で助けられてます。本当に感謝!

 

 

 

 

 

様々な資料を元に作画する中で今回、一番の参考になったのが販売元:ディズニーストア http://disneystore.jp ©Disney ©& TM  Lucasfilm Ltd. よりご提供いただいた全キャラクターのフィギュアセット。この臨場感と着色、造形クオリティ、最近の玩具は本当に凄い…。

 

 

 

 

表現媒体や手法は違えど、ルーカス氏から高評価を得た監督・ギャレス氏は何気に僕と近い歳。過去も今も知る僕ら世代が継ぎに何を残せるか。様々なプレッシャーを越えて、現在進行形で何かを成すそのエネルギーに注目したいと思います。

 

 

 

 


僕の生まれる約一年前、1977年の第一作から今も語り継がれるスターウォーズシリーズは、子供の頃に何度か観ていました。しかし、大人になってからあらためて観ると新しい発見の連続で「日本文化の影響を受けている」という親しみや黒澤映画を彷彿とさせるエンタメ性とクールさを合わせ持ったその独特の世界感には本当に圧倒されました。"現在"というタイムラインでこれまでの旧リシーズも、新作「ローグ・ワン」も変わらず楽しめる素晴らしい映画に"現在進行形"で出会い続けているのだと確信しました。

 

まさか自分の画業を通して関わることが出来るとは。

関係各位、貴重な経験を本当にありがとうございます!

 

感謝!

 

 

 

 

12月23日(金・祝)〜12月29日(木)11:00〜20:00

「もうひとつのスター・ウォーズ展」

汐留・日本テレビ 2階日テレホール

 

http://www.ntv.co.jp/rogueone/

 

「スター・ウォーズ」アーティスト・プロジェクトブースにて、

来日会見のために作られた世界でただ一枚の襖絵が初展示!!

 

日本の著名人が制作するストームトルーパー・アート


参加アーティスト ※50音順(敬称略)


尾上 松也 (歌舞伎俳優)

柏原 晋平 (画家)    

片瀬 那奈 (女優)    

川島 海荷 (女優)    
岸 啓介 (立体造形/3DCG作家)    
篠原 ともえ (タレント/アーティスト)
田ノ上 賢一 (甲冑工房 丸武 代表)
中川 翔子 (歌手/タレント)

ユージ (タレント)

ワカマツタダアキ (「Q-pot.」デザイナー)


・ダンボールで制作された超巨大AT-ACTフォトスポット等の展示。(今野梱包株式会社 制作)
・来日会見のために作られた世界でただ一枚の襖絵
(柏原 晋平作、筆入れ・直筆サイン:フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ギャレス・エドワーズ(監督))

 


| 1/11PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

links

search this site.

others

mobile

qrcode